出っ歯を矯正するときの流れ

出っ歯矯正は小臼歯を抜いてスペースを作ってから矯正装置をつけて出っ歯をひっこめます。

出っ歯治療のブラケット矯正とセラミック治療の違い

ブラケット矯正は歯を削らずに治療可能

ブラケット矯正で出っ歯治療をする場合は抜歯は必要となりますが、その他の歯を削る必要はありません。完了するまでに2年から3年ほどかかるため早く治したい人には向いていませんが、出っ歯以外の歯並びを治すこともできます。裏側からブラケットをつけると矯正していることも気づかれにくくなります。

セラミック治療は短い期間で治療が完了

セラミック治療は出っ歯を改善するとともに、セラミッククラウンをかぶせるため歯の形や色も変えることができます。神経を取ったり、歯を削ったりする必要がありますが、2ヶ月から3ヶ月で治療が完了します。できるだけ早く治療を完了したい人に向いています。

前歯の歯並びは治せる

歯科治療

人よりも歯がでている状態は出っ歯といわれていて、美容的にあまりよくない印象を与えてしまう場合があります。もしも、コンプレックスになっているのなら、歯科クリニックに通って治してもらうことを考えましょう。矯正という治療方法があるため、出っ歯をしっかりと引っ込めてくれて、周りにあるほかの歯と同じ位置にしてくれます。誰に見られても大丈夫なまっすぐな歯並びになるため、コンプレックスをバッチリと解消できるでしょう。

部分的に治してもらえる

女性

出っ歯を治すために矯正を受けるのは大げさだと感じて、どうしてもキレイにしてもらうことに抵抗がある方もいるはずです。しかし、全体に矯正をするのではなく、部分的に矯正をしてもらえるので、大げさな治療を行わずに済みます。前歯だけをピンポイントに狙って矯正してくれるため、目立つことを最小限に抑えてくれるでしょう。対応している歯科クリニックはたくさんあるので、訪れてドクターに部分矯正をして欲しいと伝えることをおすすめします。

全体を治すよりも安い

歯科矯正

出っ歯を治すための部分矯正は、全体を矯正するよりも安く済ませることができます。一部だけ器具を取り付けるのですから、安くなるのは当たり前のことだといえるでしょう。場合によっては20万円くらいから治療を行ってくれるので、全体矯正よりもずっと安いのが分かるはずです。なお、部分矯正にもいろいろな方法があるため、自分が望むものを選ぶようにしましょう。安いことだけ考えて方法を選んでしまうと、出っ歯を治しているのがバレバレで後悔してしまうかもしれません。

歯の状態によって金額は変わる

歯科矯正

部分矯正の治療費がいくらになるのかは、出っ歯がどのようになっているのかによって異なってきます。軽い出っ歯なら安い金額ですが重い出っ歯なら高い金額になるので、ドクターに診てもらって、いくらになりそうなのか治療費を聞いてみましょう。